江戸お散歩

徳川家縁の地を歩いてみました。

まずは増上寺。徳川家の菩提寺として知られています。
残念なことに戦災でほとんどが焼失してしまいました。

三解脱門は江戸時代初期の面影を残す唯一の建造物だそうです。
内部は非公開ですが,「ぶらタモリ」で放映されたことがあります。
さすがNHK。
f0339401_16225073.jpg

江戸幕府と魚河岸の縁でしょうか。あちこちに魚河岸の文字が見られました。
こんなマークもあり・・・
f0339401_16225042.jpg

徳川家御霊廟が公開されていました。
しかし建造物のほとんどが焼失したため,焼け残った宝塔のみが一カ所にまとめられています。
秀忠の霊廟は装飾華麗と言われただけに残念・・・
写真は六代家宣の宝塔前中門。左右に登り龍と下り龍が彫られています。
f0339401_16225065.jpg
こちらは二天門。戦災以前の霊廟の門です。かろうじて焼失を免れた門です。
門の内側の将軍の霊廟跡地には,現在はプリンスホテルが建っています。
f0339401_16225017.jpg

次は愛宕神社。なんと言っても出世の石段が有名です。
曲垣平九郎が馬に乗って駆け上がったのが由来とされています。
石段は急勾配のため,途中で振り返らないほうがいいです。
f0339401_16225050.jpg
f0339401_16225033.jpg

浜離宮。近代的なビルに囲まれて,無粋な公園になってしまいました。
f0339401_16225055.jpg
将軍お上り場。将軍だけが使用した船乗り場です。
もはや風情はありません・・・
f0339401_16225088.jpg

最後に日本橋。プレートの文字は徳川慶喜の筆によるもの。
f0339401_16225006.jpg
日本橋のド真ん中,つまり車道の中央線の橋の真ん中に日本国道路元標があります。
日本の道の距離はここが起点になっています。
さすがに交通量の多い日本橋。本物の写真を撮るのは危険のため,レプリカが道端にあります。
f0339401_16225043.jpg

by kimamanacats | 2014-05-06 17:11 | | Comments(0)
<< スイカ 五月の風 >>